日本子ども虐待防止学会第26回学術集会
いしかわ金沢大会における
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策について

日本子ども虐待防止学会第26回学術集会いしかわ金沢大会実行委員会では、
『新型コロナウィルス感染症に対する感染管理(2020.4.27国立感染症研究所等)』
『積極的疫学調査実施要領における濃厚接触者の定義変更等に関するQ&A
 (2020.4.22国立感染症研究所感染症疫学センター)』
『劇場、音楽堂等における新型コロナウィルス感染拡大予防ガイドライン
 (2020.5.14 公益社団法人全国公立文化施設協会)』等
を踏まえるとともに、金沢歌劇座からの指導(下記)に基づき、以下のような新型コロナウィルス感染症対策を講じます。

金沢歌劇座施設利用について(主催者)
金沢歌劇座にご来場されるお客様へのお願い

(1)「3密(密閉、密集、密接)」を防ぐ工夫をできる限り講じる。

(2)会場運営については、

  • 座席は概ね1m間隔を保つ。
  • 換気を頻回に実施する。
    (なお、金沢歌劇座は機械換気が常時実施されています。)
    また、ドア、テーブル、トイレ回りなど、高頻度接触部位などは、アルコールあるいは次亜塩素酸ナトリウムによる清拭を行う。
  • 参加者は、原則マスク着用、手指消毒とする。(歌劇座の自動検温装置使用。)
  • 発熱などの体調不良者の入場は遠慮いただきます。